歯周病治療

歯周病は気づかないうちに進行してしまう病気です

歯周病は気づかないうちに進行してしまう病気です

初期段階の自覚症状がほとんどないため、気づいたころにはかなり進行してしまっているケースも多い歯周病。虫歯と同じく細菌による感染症で、歯ぐきからの出血や腫れなどがあるようなら歯周病の可能性があります。「もしかしたら歯周病かな?」と感じたら、お早めに戸塚区上矢部町の歯医者「あくわデンタルクリニック」にご相談ください。

日本人の歯を失う原因第1位が歯周病です

  • 日本人の歯を失う原因第1位が歯周病です
  • 日本人の歯を失う原因第1位が歯周病です

「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも呼ばれ、高齢者の病気だと思われていた歯周病ですが、最近では若い方でも感染しているケースが増えています。実際、日本人の成人のうち8割が歯周病の感染している、もしくはその予備軍だといわれています。そして歯周病は、日本人が歯を失う原因の第1位でもあるのです。

歯周病は歯ぐきからの出血や腫れなどが起こるところからはじまり、進行すると歯を支えている歯周組織や顎の骨が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。ただし、初期段階では自覚症状が少なく、気づきにくいため知らないうちに進行してしまっているケースが非常に多くなっています。

もしかしたら歯周病かも 歯周病セルフチェック

以下のような症状があるようなら、歯周病の可能性があります。

朝起きたら、口の中がねばついている
歯磨きのときに歯ぐきから血が出ることがある
歯と歯の隙間に食べ物が詰りやすい
口臭がきつくなった気がする
固い食べ物を噛むと歯が痛むことがある
歯ぐきが腫れて、赤紫色になっている
歯が長くなったように見える、または歯ぐきが下がっているように感じる
歯ぐきがムズムズする
歯ぐきから膿が出ている
歯を指で押すとグラグラと動く
チェック結果
チェック0 今のところ問題ありません

現時点では、歯周病の疑いは低いと言えます。健康な状態を保つために、しっかり予防を心がけましょう。

予防やメンテナンスについてはこちら»

虫歯、歯周病予防のために

虫歯、歯周病予防のために

虫歯菌は表面がザラザラの歯に吸着しやすいです。この頑固に付着した虫歯菌をバイオフィルムといいます。歯科医院で、専用の機材を用いて、歯の表面をきれいにしておくことが重要です。
また、歯周病は歯と歯茎の溝に侵入した菌が原因となります。定期的に歯石を除去し、歯茎を引き締まった状態にしておくことが一番の治療であり、予防になります。

虫歯、歯周病予防のための処置

クリーニング

  • ペーストを塗布ペーストを塗布
  • 歯と歯ぐきの間を研磨歯と歯ぐきの間を研磨
  • 歯面のクリーニングとつや出し歯面のクリーニングとつや出し
  • フッ素塗布フッ素塗布

歯科衛生士が専用の機械を使用して、クリーニングを行います。歯をきれいにするだけでなく、丈夫にする効果があります。

歯石除去

歯石除去

歯石は、歯ブラシで除去することはまず難しいです。また、日に日に少しずつ付くので、自分では気づかず、実は大量に付いているということもありますので定期的なお掃除をおすすめします。歯科医院で専用の器具を使用して、こびりついた歯石を除去します。

歯石はどのくらいの周期で溜まる?

唾液中のカルシウム濃度と、プラークの量によるため、このくらいという答えはありません。歯科医院でよく、主治医と衛生士と話し合うことをおすすめします。行きそびれる方には、クリーニングのタイミングが近くなったらハガキをお出しすることもできます。

超音波スケーラーによる歯石除去

エアーフロー

当院では、歯石除去にP-MAXという超音波スケーラーを使用しています。P-MAXは、歯石を除去する際の患者さんの負担をかぎりなく抑えることのできるスケーラーです。細やかなモード設定が可能で、患者さんのお口の状態に合わせ、痛みをほとんど伴わずに確実な歯石除去が行えます。

歯周病の進行と治療

歯周病は、進行の度合いによって治療方法が異なります。こちらでは、歯周病の進行段階とその治療法についてご紹介します。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯ぐきに軽く炎症がある状態で、健康な状態に比べて歯周ポケットが少し深くなっています。痛みなどはありませんが、歯磨きのときに出血することがあります。

歯磨き指導
歯磨き指導 歯周病の疑いがある場合は、毎日の歯磨きを見直すことからはじめます。患者さんのお口の中の状態を確認し、磨き残しや歯磨きのクセなどを確認したうえで、歯科衛生士が患者さんに合った歯磨き方法をアドバイスします。舌をみがく専用の舌ブラシもあるので、そちらの正しい使い方もお教えします。 歯磨き指導
スケーリング
スケーリング 歯垢が石灰化した歯石は、歯磨きでは落とすことができません。そこで、スケーラーという専用器具を使って、歯周病菌のすみかになっている歯垢や歯石を除去し、歯周病の改善を図ります。 スケーリング
ルートプレーニング
ルートプレーニング スケーリングだけでは除去できない、歯周ポケットの奥深くに付着した歯垢や歯石を除去する処置が「ルートプレーニング」です。最終的に歯や歯根の表面をツルツルに磨き、歯垢や歯石の際付着を予防します。
中等度歯周炎

中等度歯周炎

歯を支えている顎の骨が溶けはじめ、歯がグラついたり、腫れや出血したりといった症状が出ます。また、口臭も強くなってくることがあります。

フラップオペレーション
フラップオペレーション 歯ぐきを切開して歯根を露出させ、付着した歯石や歯周病に感染した患部を除去します。その後、歯肉を縫合して元に戻します。フラップオペレーションは、スケーリングやルートプレーニングだけでは治療効果が望めない場合に行う外科治療です。
歯肉弁根尖側移植術
歯肉弁根尖側移植術 歯肉には、歯を支えている固くて丈夫な「付着歯肉」と、やわらかい「遊離歯肉」があります。歯肉弁根尖側移植術では、歯周病に感染した部位を切除すると付着歯肉が少なくなってしまう場合に行う治療です。
遊離歯肉移植(FGG)
遊離歯肉移植(FGG) 付着歯肉が減少してしまうと、歯ブラシがあたるだけでも痛みを感じ、十分なケアができなくなってしまいます。そのような場合には、ほかの場所から歯肉を移植する遊離歯肉移植を行います。
重度歯周病

重度歯周病

歯を支えている顎の骨の大部分が溶かされ、歯が大きくぐらついている状態です。そのまま放置すれば歯が抜け落ちてしまう危険性もあるので、早急な治療が必要です。このような状態になると、感染部位の除去に加えて、溶けてしまった歯周組織の再生が必要になることもあります。

GTR法
GTR法 歯周病によって溶けてしまった歯周組織を再生する治療です。歯周病に冒された部位を除去し、メンブレンという特殊な膜を挿入し、歯肉が入らないようにスペースを確保して歯周組織の再生を図ります。
エムドゲイン法
エムドゲイン法 GTR法と同様に歯周組織を再生する治療です。エムドゲイン法では、歯周組織にエムドゲインゲルという薬剤を使い、歯周病によって溶かされてしまった歯周組織の回復を図ります。

歯周病治療後のメンテナンスが歯を長持ちさせます。