インプラント

自然な噛み心地と見た目が手に入ります

自然な噛み心地と見た目が手に入ります

戸塚区上矢部町の歯医者「あくわデンタルクリニック」では、歯を失ってしまっても天然歯とかわらない見た目と噛み心地を取り戻すことができるインプラント治療に対応しています。インプラント治療はとても難しく、とりわけ高い精度が求められる治療ですが、当院の院長はインプラントセンターで数多くの症例に対応した経験がありますのでご安心ください。

しっかりと噛める歯を取り戻せます

  • しっかりと噛める歯を取り戻せます
  • しっかりと噛める歯を取り戻せます
  • しっかりと噛める歯を取り戻せます

インプラント治療は、歯を失った顎の骨にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に土台を取り付け、セラミック製の人工歯を装着することで歯の機能を回復させる治療です。インプラントは骨と結合しやすいチタン製なので、ご自身の歯のようにしっかりと噛めることが特徴。セラミック製の人工歯は天然の歯のような透明感と白さがあり、美しくて自然な見た目を手に入れることもできます。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

歯を失ってしまった場合は、速やかに歯の機能を回復させましょう。その方法として、インプラントのほか、入れ歯やブリッジがあります。こちらでは、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
  インプラント
失った歯のあった場所にインプラントを埋め込み、そのうえに人工歯を取り付けて機能を回復します。
入れ歯
失った歯のかわりに入れ歯を使う方法です。欠損した歯の本数によって、総入れ歯と部分入れ歯があります。
ブリッジ
失った歯の両隣の歯を削り、その歯を土台にして橋のように人工歯を取り付ける治療方法です。
メリット
  • まわりの歯に負担がかかりません
  • 天然歯のようにしっかりと噛むことができます
  • 天然歯とかわらない見た目が手に入ります
  • 保険適用の入れ歯なら比較的安価に製作可能です
  • 短期間で治療が完了します
  • さまざまな症例に利用できます
  • 保険適用の素材なら比較的安価に製作可能です
  • 入れ歯に比べて自然な見た目です
  • 違和感が少ない傾向があります
デメリット
  • 保険適用外なので治療費が高額になります
  • 外科手術が必要です
  • 治療期間が長くなります
  • 適用できないケースがあります
  • 見た目が気なる場合があります
  • 装着感が悪いことがあります
  • 噛みづらいことがあります
  • 金属製のバネを使ったタイプは、かける歯に負担がかかります
  • 日々のお手入れや歯科医院での調整が必要です
  • 健康な両隣の歯を削る必要があります
  • 両隣の歯に負担がかかってしまいます
  • 歯を失った部分の顎の骨が痩せてしまいます
  • 適用できないケースがあります

インプラントセンターと連係しながら安心・安全な治療を実現

歯を失った顎の骨の状態、歯肉の減り方、噛み合わせなどによってインプラント治療の難易度は大きく変わってきます。そのため、安全に治療を行うためには知識と経験に基づいた診療がとても重要になります。

当院の院長はインプラントセンターで多くの症例に対応してきた経験があり、現在でも積極的にインプラント研究会に参加して、より安全で確実な治療のご提供に努めています。必要に応じてインプラントセンターと連係を取りながら、リスクの少ない治療をご提案していますのでご安心ください。

「万が一」にもいち早く対応するために~生体モニター~

「万が一」にもいち早く対応するために~生体モニター~

インプラントを埋入するには、歯ぐきを切開し、骨に穴をあける外科手術が必要です。そこで当院では、より安全にインプラント治療を行うため、血圧や脈拍、動脈血中酸素飽和度などの状態を把握できる生体モニターを使用しています。生体モニターを使うことで、治療中にもしものことがあってもいち早く知ることができ、すぐに対処することが可能です。

正確な診断をするために~歯科用CT~

正確な診断をするために~歯科用CT~

インプラント治療を行ううえで、歯科用CTは欠かせません。治療前に顎の厚さや神経・血管の位置など、目視では確認できない部分を歯科用CTの3次元画像で把握することで正確な診断・分析ができ、安全性の高い治療計画を立案できます。

正確で素早い埋入を実現するために~サージカルガイド~

正確で素早い埋入を実現するために~サージカルガイド~

インプラント手術の成功率を高めるためには、インプラントの埋入精度が肝心です。当院では正確な位置や角度、深さにインプラントを埋入するために「サージカルガイド」を導入しています。サージカルガイドによって正確かつ短時間でのインプラント治療が可能になります。

インプラント治療では、インプラントを埋入するために十分な顎の骨の量や厚みが必要です。しかし、歯周病などで顎の骨が溶けてしまった場合など、骨量が足りない場合は治療ができないケースもあります。

  • 他院でインプラント治療を断られた方へ
  • 他院でインプラント治療を断られた方へ
  • 他院でインプラント治療を断られた方へ
  • 他院でインプラント治療を断られた方へ

インプラントではなく入れ歯をご希望の方はこちらをご覧ください。