入れ歯

お口に合った入れ歯は、しっかりと噛めます

お口に合った入れ歯なら、しっかりと噛むことができます

虫歯や歯周病、また事故や外傷によって歯を失ってしまった場合には、入れ歯・インプラント・ブリッジなどの方法で歯の機能を回復する必要があります。その中でももっとも一般的な方法が入れ歯(義歯)治療です。戸塚区上矢部町の歯医者「あくわデンタルクリニック」では、患者さまにぴったりの入れ歯をご提案しています。

しっかりと噛める、快適な入れ歯をご提案します

しっかりと噛める、快適な入れ歯をご提案します

入れ歯に対して、「ちゃんと噛めないもの」「違和感や痛みがあるもの」というイメージをお持ちではありませんか? しかし、ちゃんと患者さまに合った入れ歯なら、しっかり噛むことができて、違和感や痛みもありません。

ただし、お口の中の環境は日々変化しているので、使い続けているとお口に合わなくなってしまうことがあります。そのようなときは、調整や修理をすることで使い心地を改善しましょう。合わない入れ歯を我慢して使い続けていると、噛み合わせの乱れから全身の不調につながることもあります。もし、「噛みにくい」「痛い」と感じたら、お早めに当院にご相談ください。

入れ歯のお手入れ方法をご案内します

  • 入れ歯のお手入れ方法をご案内します
  • 入れ歯のお手入れ方法をご案内します
  • 入れ歯のお手入れ方法をご案内します

入れ歯を快適に使い続けるには、お手入れが大切です。入れ歯をお使いの方の中には、歯磨き粉を使って磨いているという方もいらっしゃいますが、歯磨き粉には研磨剤が入っているので入れ歯を傷つけてしまいます。その傷が原因で入れ歯に細菌・カビが繁殖してしまうことも。そこで入れ歯専用の洗浄剤やブラシを使ってお手入れしましょう。また、汚れがひどいようなら入れ歯洗浄剤に浸しておくと効果的です。

保険診療と自費診療の入れ歯について

入れ歯には、大きくわけて保険診療でつくる入れ歯と自費診療でつくる入れ歯があります。保険適用の入れ歯は安価につくることができますが、使える材料や形状などが限定されます。一方の自費診療の入れ歯は、費用はかかりますがお好みの素材や形状が選べ、機能性や審美性にこだわることができます。

  保険診療の入れ歯
保険診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
素材
  • 歯科用プラスチック(レジン)のみ
  • 金属やシリコンなど、さまざまな素材から選択可能
形状
  • 部分入れ歯は、金属バネで固定する形状のみ
  • 金属バネのない入れ歯など、お好みに合わせてさまざまな形状から選択可能
使い心地
  • 入れ歯を吸着させる床が厚いので、付け心地が悪いこともある
  • 噛み心地によくないこともある
  • 金属床は軽くて薄いので、装着感が良い
  • 噛み心地にもこだわれる
耐久性
  • 耐久性は低いが修理しやすい
  • 耐久性は高いが修理できないものもある
審美性
  • 厚みがあるので、入れ歯だとわかりやすい
  • 薄くつくれるので、見た目が自然
費用
  • 比較的安価
  • 比較的高価
製作期間
  • 短期間で製作できる
  • 製作に時間がかかる

当院では保険・自費診療問わず、皆さまのお口にぴったりと合った入れ歯をご提案することが可能です。保険診療であって、「しっかりと噛める」「違和感の少ない」入れ歯をおつくりします。

当院で取り扱っている入れ歯の種類

当院で取り扱っている入れ歯の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

総入れ歯
レジン床義歯

レジン床義歯

保険診療で製作できる総入れ歯です。お口の粘膜にあたる床部分がレジン(歯科用プラスチック)のみとなります。

メリット デメリット
  • 比較的安価に製作できる
  • 短い期間で製作できる
  • 比較的修理や調整がしやすい
  • 食べにくいものがある
  • 目立ちやすい
  • 素材や形状が限定される
マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

歯根側に小型の磁性金属、総入れ歯側に超小型磁石を取り付けて固定するタイプの入れ歯です。すべての歯を失ってしまった場合は、インプラントと組み合わせて利用します。

メリット デメリット
  • しっかりと固定でき、よく噛める
  • 取り外しが簡単
  • 自費診療なので比較的高額
  • 修理が難しい
吸着義歯

吸着義歯

顎に吸い付くようにぴったりと固定でき、ズレたり、はずれたりしにくい入れ歯です。フィット感や安定性が高く、硬い物でもしっかりと噛むことができます。

メリット デメリット
  • しっかりと吸着するのでズレたり、はずれたりしにくい
  • 硬い物でもしっかりと噛める
  • 見た目がとても自然
  • 自費診療なので比較的費用がかかる
部分入れ歯
保険の部分入れ歯

保険の部分入れ歯

金属バネで固定する保険診療の部分入れ歯です。素材は総入れ歯同様にレジン(歯科用プラスチック)のみとなります。

メリット デメリット
  • 比較的安価に製作できる
  • 短い期間で製作できる
  • 比較的修理や調整がしやすい
  • 金属バネで固定するので見た目が悪い
  • 金属バネがかかっている、両隣の健康な歯に負担がかかる
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属バネ(クラスプ)を使わずに固定するタイプの部分入れ歯です。入れ歯を固定する床部分が歯ぐきに似た色なので目立つこともありません。

メリット デメリット
  • 金属バネがないので見た目が自然
  • 薄くて軽いので違和感が少ない
  • 両隣の歯にかかる負担が少ない
  • 適用できる症例に制限がある
  • 耐久性があまり高くない
  • 特殊な樹脂でできているので修理が難しい
コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

はめ込み式で取り外しが可能な部分入れ歯です。残っている歯に土台(内冠)、入れ歯に外冠を取り付けて、茶筒のようにはめ込んで摩擦で固定します。

メリット デメリット
  • 金属バネがないので見た目が自然
  • しっかりと固定でき、よく噛める
  • インプラントのような外科手術が不要
  • 土台になる歯を削る必要がある
  • 自費診療なので比較的高額
  • 歯をすべて失った方には適用できない

当院へのアクセスはこちらからご確認ください。