「痛くない」を叶えるために

歯医者が苦手という方にご来院いただくために

歯医者が苦手という方にご来院いただくために

歯医者が苦手な方の多くは、「歯科治療=痛い」というイメージをお持ちです。戸塚区上矢部町の歯医者「あくわデンタルクリニック」では、痛くない治療を実現するためにさまざまな取り組みを実施しています。健康な歯を維持するには、歯科医院での検診や治療が欠かせません。歯科治療が苦手という方がいらっしゃいましたら、痛みに配慮した治療を行う当院にご相談ください。

恐怖感を和らげることでも痛みの感じ方は変わります

リラックスできる雰囲気づくり

リラックスできる雰囲気づくり

当院では遊びに来たお友達のお家いるような、くつろげる空間づくりを大切にしています。ちょっとしたことですが、歯科医院特有な雰囲気や薬品のにおいなどが治療を連想させ、恐怖感につながってしまうことがあるからです。そして、その恐怖感は痛みの感じ方にも影響します。当院では陽射しが差し込む明るい待合室や診療室、また治療器具などが患者さんの目に入らないように配慮し、リラックスしていただけるように心がけています。

治療前にしっかりと説明する

治療前にしっかりと説明する

何をするのかわからないまま治療をはじめてしまうと、緊張して身体がこわばってしまうこともあります。そこで当院では患者さんの目線に立ち、治療前にお悩みなどを詳しくうかがうカウンセリングを欠かしません。そして、しっかりと治療内容をご理解いただいたうえで治療を開始します。治療内容でわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

さまざまな麻酔を使った「痛くない治療」を目指しています

さまざまな麻酔を使った「痛くない治療」を目指しています

歯医者が苦手な方に理由を聞くと、「痛い」「怖い」というお言葉をよくお聞きします。お子さまはもちろん、大人になっても痛いのは嫌なものです。私たちが治療を受けるとしても、できるだけ痛くない治療を選ぶでしょう。当院では症状によってさまざまな麻酔を使い分け、少しでも患者さんが痛みを感じないように配慮しています。

麻酔の痛みを感じる要因として、針が刺さる瞬間の「チクッ」という刺激が挙げられます。その痛みを軽減するために、当院では「針のない麻酔器」を採用。この機器は、麻酔液を高速・高圧のジェット噴流で患部に浸透させます。そのため針が刺さる瞬間に感じる痛みがなく、また刺さる瞬間の恐怖感も軽減することができるのです。

さまざまな麻酔を使った「痛くない治療」を目指しています

そのほか、歯ぐきに塗るだけの表面麻酔、麻酔液の注入スピードをコントロールして痛みを軽減する電動注射器など、状況に合わせてさまざまな麻酔を選択できるようにしています。症例によっては麻酔専門医と連携しながら、笑気麻酔や静脈麻酔などを使用することも可能です。

また、歯を削るときに発生する「キーン」という音が怖いという方がいらっしゃいます。とくにお子さんの場合に多く、これが歯医者嫌いになってしまう原因のひとつともいえるでしょう。当院ではこの治療音にも気を配り、音が出にくい設備を導入しています。ひとつの対策では不十分なので、さまざまなアプローチから痛くない治療を叶える対策を行っています。

麻酔専門医との連携で安全な麻酔治療を

当院の副院長は日本歯科麻酔学会認定医ですので、専門性の高い麻酔治療が可能です。とくに注意が必要なのが高血圧の方への麻酔です。一般的に歯科で使われている麻酔には血管を収縮させる(血圧を上昇させる)作用があるため、麻酔によって意識を失うなどの危険性もあります。

そこで当院では麻酔を行う前に血圧の検査を行い、必要に応じて内科とも連携しながら歯科治療を行っています。血圧が上がる原因として生活習慣やストレスなどが原因になっている場合もあるため、高血圧の治療を優先し、安定してから歯科治療を行うケースもあります。

なお、妊娠中でも麻酔を使うことはできますが、妊娠後期(8ヵ月以降)は早産のリスクが高まるため使用を控えさせていただきます。どうしても痛みがある場合は対処方法をご提案することも可能ですので、まずはご相談ください。

当院へのアクセスはこちらからご確認ください。